リスクが高くなる高齢出産

妊娠・出産の経過には個人差がありますので全ての高齢出産の人がトラブルに見舞われるわけではありませんが、若い頃よりも確率は上がります。
高齢出産は35歳以上で出産をする場合であり、リスクとして発生頻度が高いのは流産です。自然流産率は20%程度であり、原因には卵子の老化や胎児の先天異常が関係します。胎児の先天異常の確率も高くなっていて、加齢による影響が特に懸念されるのが染色体異常です。そのため、高齢出産になる人たちは、妊娠中に出生前診断を受けるかどうかで悩みます。受けた場合には、万が一リスクが高いことが分かったり、胎児に先天異常があることが明らかになった場合にどうするのかも決めておかなければなりません。
高齢出産には妊娠高血圧症候群というリスクもあります。妊娠高血圧症候群の症状にはいくつかありますが、むくみや尿タンパク、高血圧のうちのいずれか一つが出現することで診断されます。特に血圧が高くなると出産時に危険が伴いますので注意しなければなりません。年齢を重ねると共に内臓機能は徐々に低下しますが、妊娠という体の変化が起こって妊娠高血圧症候群が増えます。早期の発見ができれば、食事指導や体重管理を行うことで改善されるケースもあります。
他にも、帝王切開の確率も高くなります。妊婦が高齢の場合、医師が早めに帝王出産に切り替えることもありますが、やはり出産がスムーズにいかずに帝王切開になるケースが多くなっています。
これらのリスクは確率の問題であり、高齢出産であっても全く問題なく出産までたどりつく人もいますし、逆に20代でもトラブルが発生して大変になるケースもあります。個人差があることは事実ですが、やはり高齢出産の場合には危機管理をしっかりとしておきたいところです。

高齢出産で有効な体外受精とは

高齢出産をする人の不妊治療における最後の手段が体外受精です。成功率が高いことが特徴で高齢出産に成功した著名人も数多くおり、度々ニュースで目にする機会があるはずです。年間ではおよそ1万人もの赤ちゃんが、この体外受精によって誕生しているのです。
体外受精とは女性の卵巣から卵子を取って、体外にて精子と受精を行う治療法のことを指します。世界では1978年に初めて成功し、日本では1983年に初めて成功しています。
体外受精の流れはまず、採卵するために排卵を誘発させることから始まります。月経周期に合わせる形で排卵誘発剤を使用し、卵子をいくつか作ります。卵子が受精に成功し、細胞分裂を正常に繰り返しながら良い受精卵となる確率はおよそ50%以下と言われているため、多くの卵子を採卵しなければいけません。
万が一一つの卵子のみを採取して受精卵の成長が止まってしまうと、次の生理周期を待って採取する必要があるので、時間が掛かってしまい効率が悪いのです。
卵子が成熟したら卵巣から卵子を採卵します。平均で10個程度の卵子を採取することが多く、膣へ採卵針を挿入して吸引する方法を用います。卵巣に刺す際に痛みを伴うケースもあるので、麻酔を使用することもあります。
そして体外受精させる精子を採取します。精子は寿命を持っているので、採卵と同じ日に採取します。採取した精子と卵子を受精させる前には、卵子を数時間だけ培養してさらに成熟させます。
特別な容器にて受精卵を作成したら、それを培養器に移し替えて育てていきます。正しく受精に成功しているか容器を確認し、問題がなければ培養を継続します。
受精卵が育ったら子宮に戻しますが、その際にはシリコンカテーテルを膣から挿入し、受精卵を戻します。原則として戻す受精卵は一つのみです。
2週間後に尿検査にて妊娠反応が出れば妊娠したことが確定し、自然妊娠と同じように生活を送ることとなります。高齢出産を目指す女性にとっては、この体外受精は非常に有効な方法と言えるでしょう。

高齢出産の初産のリスクとメリットとは

近年の女性の社会進出の機会が増えるにつれ、初婚年齢は年々上がっています。それに伴い出産年齢も右肩上がりに上昇の一途をたどっています。ひと昔前までは、30歳を超えると高齢出産とみなされていましたが、現在では30歳を超えて初産という妊婦は大勢おり、高齢出産の基準も35歳にシフトされています。そして今や、35歳を超えての初産という女性も少なくはありません。
高齢出産というと、リスクが伴うと言われています。確かに30歳を過ぎての出産は20代の出産に比べて流産になりやすかったり、生まれてくる赤ちゃんに染色体異常等の障害がある可能性が上がるということは事実です。その他にも35歳を過ぎると妊婦は体力的にも疲れやすく、身体にかかる負担も20代に比べて大きくなるので、妊娠期間中はなるべく無理をせずに栄養のあるものをたくさん摂るなどの注意が必要です。
しかし、高齢出産の初産だからといって、いたずらに怖がる必要はありません。確かに体力的には若いころに比べて劣ると言わなければなりませんが、メリットもあるということを忘れてはいけません。
まず、30代は一般的に20代に比べて経済的余裕があるということが挙げられます。特に20代の頃に仕事にまい進し、ある程度のキャリアを積んだ女性なら、産休の間はゆったりと赤ちゃんと向き合うという気持ちの切り替えもできるのではないでしょうか。子供を育てる上で、経済的余裕はとても重要です。周りのサポ-トを得ることが難しいという環境ならばなおのこそ、ファミリ-サポ-ト等やベビ-シッタ-を確保する経済的基盤は子育てにおいては重要なポイントです。それから人生経験もあることから、高齢出産の初産で待ちに待った赤ちゃんを大切に育てることができるのではないでしょうか。
高齢出産の初産は、そのリスクだけがクロ-ズアップされてしまう部分もありますが、不安を感じた時こそこんなメリットもあると気持ちを切り替えて、ゆったりとした楽しい妊娠生活を送りましょう。

高齢出産では障害児が生まれるリスクが高くなる

近年では、若い時期には仕事を優先させたいと考える女性が多くなっていますし、昔とは違って結婚を焦らない女性も増えています。そういった女性はどうしても結婚する年齢が高くなるので、妊娠して出産する時の年齢も自ずと高くなります。一般的には35歳以上で出産することを高齢出産と言うのですが、現在の日本の社会ではそれは決して珍しいことではないので、そのような表現には疑問を感じる人もいるかも知れません。しかし障害児が生まれるリスクを考えると、35歳という年齢を一つの区切りとすることには大きな意味があります。
高齢出産と障害児が生まれるリスクとの関連性は、いくつものデータによって証明されています。特に顕著なのがダウン症の子供が生まれるリスクに関するテータで、出産時の年齢が高くなればなるほど、ダウン症になる割合が大きくなることが明らかとなっています。その確率は35歳以上になると、20代で出産する場合と比べてかなり大きくなりますし、さらに45才という特に高齢で出産する場合には、何と23人に1人がダウン症になってしまうというデータまであるのです。
そのような問題が年齢が上がると増加して行くのは、女性には加齢によって染色体に異常が生じる傾向があるためだとされています。昔よりも見た目の若い女性が増えているとは言え、加齢によって卵子の質が低下することは避けられないため、染色体の分裂が上手くいかなくなってしまい、異常が生じる可能性が高くなるのです。そしてダウン症は、先天的に21番染色体が通常の2本よりも1本多く存在することにより発症する病気なので、母親である女性の染色体に異常があることがその原因となってしまいます。もちろん年齢だけが女性の染色体に異常を生じさせ、それによってダウン症の子どもが生まれてしまうというわけではないのですが、大きな要因であることは確かなのです。
近年では高齢出産の割合が増えていることや、医療技術が進歩したことなどにより、妊娠中の胎児がダウン症であるかどうかの検査ができるようになっています。その結果ダウン症だと判断された場合に、生まれてくる子供の苦労を考慮して中絶を選択する人も少なくありません。その検査技術によって、ダウン症の子供が生まれてくるリスクを低下させることはできても、女性に肉体的な負担と共に精神的なダメージを与えてしまうという大きな問題もあります。高齢出産は女性にとって人生設計の一部ではあるでしょうが、そういった問題について考えると、障害児の誕生を始めとするリスクが伴うことを是非知っておいた方がいいと言えるでしょう。

高齢出産とダウン症の関係について

女性の社会進出が昔と比べたことや、社会情勢の変化によって、男女ともに晩婚化が進んでいます。そのため晩婚化と同じ流れで、初めて出産する女性の年齢も上がってきています。35歳より前に一度でも出産を経験している場合は、35歳以降に妊娠をしても出産する準備が体の中でスムーズに起こります。しかし35歳以降に初めて妊娠して出産するときは、出産するような体に準備が整うまでにトラブルが起こりがちになるため、高齢出産として位置づけられ、一般的な出産と比べてリスクが高いとされています。リスクの1つとして、子供がダウン症を患っている可能性が高齢出産の場合は高まるといわれていることです。ダウン症は先天的に21番目の染色体に異常があることによって起こる病気ですが、現在では700人の1人の割合でダウン症を発症する子供が生まれているといわれています。ただ、ダウン症の場合は、出産するまでに自然流産をしてしまったり、胎児が死亡をするということも多いので、実際には先天的なダウン症の割合はもう少し多いといえます。数字的なデータでは、高齢出産に分類される35歳以上の妊婦の場合は300人に1人、40歳以上の場合は80人に1人がダウン症の子供だといわれています。そのため数字だけを見ると、高齢出産とダウン症には密接なつながりがあると考えがちですが、高齢出産をする女性よりも、それ以外の世代で出産する女性の方が圧倒的に多いのも事実です。そのため高齢出産の女性の方がダウン症の子供を産んでいる割合は多いですが、出産している件数でみれば、20代で出産している女性が産んでいることが数字的には一番多いということになります。医学的にも統計的な数字だけでは判断するのが難しいものの、基本的には高齢出産だとリスクが高くなるという考え方をしています。高齢になればなるほど母親の染色体の異常が起こりやすいことがわかっているので、それだけリスクが高くなるのは事実だといえます。