リスクが高くなる高齢出産

妊娠・出産の経過には個人差がありますので全ての高齢出産の人がトラブルに見舞われるわけではありませんが、若い頃よりも確率は上がります。
高齢出産は35歳以上で出産をする場合であり、リスクとして発生頻度が高いのは流産です。自然流産率は20%程度であり、原因には卵子の老化や胎児の先天異常が関係します。胎児の先天異常の確率も高くなっていて、加齢による影響が特に懸念されるのが染色体異常です。そのため、高齢出産になる人たちは、妊娠中に出生前診断を受けるかどうかで悩みます。受けた場合には、万が一リスクが高いことが分かったり、胎児に先天異常があることが明らかになった場合にどうするのかも決めておかなければなりません。
高齢出産には妊娠高血圧症候群というリスクもあります。妊娠高血圧症候群の症状にはいくつかありますが、むくみや尿タンパク、高血圧のうちのいずれか一つが出現することで診断されます。特に血圧が高くなると出産時に危険が伴いますので注意しなければなりません。年齢を重ねると共に内臓機能は徐々に低下しますが、妊娠という体の変化が起こって妊娠高血圧症候群が増えます。早期の発見ができれば、食事指導や体重管理を行うことで改善されるケースもあります。
他にも、帝王切開の確率も高くなります。妊婦が高齢の場合、医師が早めに帝王出産に切り替えることもありますが、やはり出産がスムーズにいかずに帝王切開になるケースが多くなっています。
これらのリスクは確率の問題であり、高齢出産であっても全く問題なく出産までたどりつく人もいますし、逆に20代でもトラブルが発生して大変になるケースもあります。個人差があることは事実ですが、やはり高齢出産の場合には危機管理をしっかりとしておきたいところです。