高齢出産とダウン症の関係について

女性の社会進出が昔と比べたことや、社会情勢の変化によって、男女ともに晩婚化が進んでいます。そのため晩婚化と同じ流れで、初めて出産する女性の年齢も上がってきています。35歳より前に一度でも出産を経験している場合は、35歳以降に妊娠をしても出産する準備が体の中でスムーズに起こります。しかし35歳以降に初めて妊娠して出産するときは、出産するような体に準備が整うまでにトラブルが起こりがちになるため、高齢出産として位置づけられ、一般的な出産と比べてリスクが高いとされています。リスクの1つとして、子供がダウン症を患っている可能性が高齢出産の場合は高まるといわれていることです。ダウン症は先天的に21番目の染色体に異常があることによって起こる病気ですが、現在では700人の1人の割合でダウン症を発症する子供が生まれているといわれています。ただ、ダウン症の場合は、出産するまでに自然流産をしてしまったり、胎児が死亡をするということも多いので、実際には先天的なダウン症の割合はもう少し多いといえます。数字的なデータでは、高齢出産に分類される35歳以上の妊婦の場合は300人に1人、40歳以上の場合は80人に1人がダウン症の子供だといわれています。そのため数字だけを見ると、高齢出産とダウン症には密接なつながりがあると考えがちですが、高齢出産をする女性よりも、それ以外の世代で出産する女性の方が圧倒的に多いのも事実です。そのため高齢出産の女性の方がダウン症の子供を産んでいる割合は多いですが、出産している件数でみれば、20代で出産している女性が産んでいることが数字的には一番多いということになります。医学的にも統計的な数字だけでは判断するのが難しいものの、基本的には高齢出産だとリスクが高くなるという考え方をしています。高齢になればなるほど母親の染色体の異常が起こりやすいことがわかっているので、それだけリスクが高くなるのは事実だといえます。