高齢出産の初産のリスクとメリットとは

近年の女性の社会進出の機会が増えるにつれ、初婚年齢は年々上がっています。それに伴い出産年齢も右肩上がりに上昇の一途をたどっています。ひと昔前までは、30歳を超えると高齢出産とみなされていましたが、現在では30歳を超えて初産という妊婦は大勢おり、高齢出産の基準も35歳にシフトされています。そして今や、35歳を超えての初産という女性も少なくはありません。
高齢出産というと、リスクが伴うと言われています。確かに30歳を過ぎての出産は20代の出産に比べて流産になりやすかったり、生まれてくる赤ちゃんに染色体異常等の障害がある可能性が上がるということは事実です。その他にも35歳を過ぎると妊婦は体力的にも疲れやすく、身体にかかる負担も20代に比べて大きくなるので、妊娠期間中はなるべく無理をせずに栄養のあるものをたくさん摂るなどの注意が必要です。
しかし、高齢出産の初産だからといって、いたずらに怖がる必要はありません。確かに体力的には若いころに比べて劣ると言わなければなりませんが、メリットもあるということを忘れてはいけません。
まず、30代は一般的に20代に比べて経済的余裕があるということが挙げられます。特に20代の頃に仕事にまい進し、ある程度のキャリアを積んだ女性なら、産休の間はゆったりと赤ちゃんと向き合うという気持ちの切り替えもできるのではないでしょうか。子供を育てる上で、経済的余裕はとても重要です。周りのサポ-トを得ることが難しいという環境ならばなおのこそ、ファミリ-サポ-ト等やベビ-シッタ-を確保する経済的基盤は子育てにおいては重要なポイントです。それから人生経験もあることから、高齢出産の初産で待ちに待った赤ちゃんを大切に育てることができるのではないでしょうか。
高齢出産の初産は、そのリスクだけがクロ-ズアップされてしまう部分もありますが、不安を感じた時こそこんなメリットもあると気持ちを切り替えて、ゆったりとした楽しい妊娠生活を送りましょう。