リスクが高くなる高齢出産

妊娠・出産の経過には個人差がありますので全ての高齢出産の人がトラブルに見舞われるわけではありませんが、若い頃よりも確率は上がります。
高齢出産は35歳以上で出産をする場合であり、リスクとして発生頻度が高いのは流産です。自然流産率は20%程度であり、原因には卵子の老化や胎児の先天異常が関係します。胎児の先天異常の確率も高くなっていて、加齢による影響が特に懸念されるのが染色体異常です。そのため、高齢出産になる人たちは、妊娠中に出生前診断を受けるかどうかで悩みます。受けた場合には、万が一リスクが高いことが分かったり、胎児に先天異常があることが明らかになった場合にどうするのかも決めておかなければなりません。
高齢出産には妊娠高血圧症候群というリスクもあります。妊娠高血圧症候群の症状にはいくつかありますが、むくみや尿タンパク、高血圧のうちのいずれか一つが出現することで診断されます。特に血圧が高くなると出産時に危険が伴いますので注意しなければなりません。年齢を重ねると共に内臓機能は徐々に低下しますが、妊娠という体の変化が起こって妊娠高血圧症候群が増えます。早期の発見ができれば、食事指導や体重管理を行うことで改善されるケースもあります。
他にも、帝王切開の確率も高くなります。妊婦が高齢の場合、医師が早めに帝王出産に切り替えることもありますが、やはり出産がスムーズにいかずに帝王切開になるケースが多くなっています。
これらのリスクは確率の問題であり、高齢出産であっても全く問題なく出産までたどりつく人もいますし、逆に20代でもトラブルが発生して大変になるケースもあります。個人差があることは事実ですが、やはり高齢出産の場合には危機管理をしっかりとしておきたいところです。

高齢出産で有効な体外受精とは

高齢出産をする人の不妊治療における最後の手段が体外受精です。成功率が高いことが特徴で高齢出産に成功した著名人も数多くおり、度々ニュースで目にする機会があるはずです。年間ではおよそ1万人もの赤ちゃんが、この体外受精によって誕生しているのです。
体外受精とは女性の卵巣から卵子を取って、体外にて精子と受精を行う治療法のことを指します。世界では1978年に初めて成功し、日本では1983年に初めて成功しています。
体外受精の流れはまず、採卵するために排卵を誘発させることから始まります。月経周期に合わせる形で排卵誘発剤を使用し、卵子をいくつか作ります。卵子が受精に成功し、細胞分裂を正常に繰り返しながら良い受精卵となる確率はおよそ50%以下と言われているため、多くの卵子を採卵しなければいけません。
万が一一つの卵子のみを採取して受精卵の成長が止まってしまうと、次の生理周期を待って採取する必要があるので、時間が掛かってしまい効率が悪いのです。
卵子が成熟したら卵巣から卵子を採卵します。平均で10個程度の卵子を採取することが多く、膣へ採卵針を挿入して吸引する方法を用います。卵巣に刺す際に痛みを伴うケースもあるので、麻酔を使用することもあります。
そして体外受精させる精子を採取します。精子は寿命を持っているので、採卵と同じ日に採取します。採取した精子と卵子を受精させる前には、卵子を数時間だけ培養してさらに成熟させます。
特別な容器にて受精卵を作成したら、それを培養器に移し替えて育てていきます。正しく受精に成功しているか容器を確認し、問題がなければ培養を継続します。
受精卵が育ったら子宮に戻しますが、その際にはシリコンカテーテルを膣から挿入し、受精卵を戻します。原則として戻す受精卵は一つのみです。
2週間後に尿検査にて妊娠反応が出れば妊娠したことが確定し、自然妊娠と同じように生活を送ることとなります。高齢出産を目指す女性にとっては、この体外受精は非常に有効な方法と言えるでしょう。